年齢を感じるところ美容整形に関するあなたの意見やコンプレックスを口コミモールは本当にアンケート調査しています。

美容整形セミナー・口コミモール®

Q.年齢を感じるのはどこ? 年齢を感じるのはどこ?

「顔のシミやしわ・たるみ」のグラフ
「首のしわ」のグラフ
「なかなか痩せないお腹」のグラフ
「お尻の形」のグラフ
「全体の体系」のグラフ
  • ミやしわの出る顔は一番老いを感じやすい

    最も年齢を感じるのはどこか。
    このアンケートに「顔のシミやしわ・たるみ」と答えた方が半数以上を占める結果となりました。
    顔は最も他人から見られる部分なので、年齢というものが目立ちやすくなってしまいます。

    『話しているときに笑った自分の顔が、窓ガラスに映ったときにしわくちゃなオバサン顔だった』
    『顔は化粧くらいしかできない。いっそのこと隠したいなと思っています』
    『娘のツヤツヤな肌と自分の肌を比べるたび、年を取ったなぁと感じる』

    鏡や窓ガラスをふとした拍子に見た時、自分の顔にびっくりしたという方が数人いらっしゃいました。
    特にほうれい線で年齢を感じると答えた方は、ほうれい線を消すマッサージを日頃から行っているという方も。
    頬の筋肉が衰えることで出来てしまうほうれい線は、解消するための簡単な体操などがいくつも出ていますが、その他のしわやシミ、たるみはどうしたらいいのかわからないと感じている方も多い印象でした。

  • 外と目立つ痩せないお腹も、歳を感じてしまう

    年齢を感じる場所に「顔のシミやしわ、たるみ」の次に多かったのが「痩せないお腹」でした。
    小説などでも、年を取ったことを表現するために「太りやすくなった」という言葉がよく使われます。
    一般的な例えになるほどに、太りやすくなったお腹というのは年齢を感じさせるものなのです。

    『昔のような食生活を続けていたら、あっという間に太ってしまった』
    『運動をしているのに痩せないです。歳だなぁ……』
    『下っ腹がでん、としている。顔は若く見られるのにお腹はどうしようもない。』

    若い頃はたくさん食べてもその分運動すれば何とかなったものの、今はそうはいかないという悩みがうかがえます。
    歳をとると太りやすく痩せにくいもの。一度は痩せてもすぐ太ってしまうという声もありました。
    若かった頃との身体の違いを、強く感じるようです。

  • 全身から『歳をとったなぁ』オーラがにじみ出る

    「あの頃と違って…」そんな言葉が口をついて出てしまうほど、年齢を重ねると体のいろいろなところに変化が出てきます。
    女性にとって、いつまでも若々しく元気でいたいと願うのは当然のこと。
    ただ歳を重ねるのではなく、美しい女性として軽やかに歳を重ねたいものです。
    そのためにも、綺麗になる努力は常に欠かせません。
    自分でできるアンチエイジングやダイエットもいいですが、美容クリニックで行うヒアルロン酸注射なども若返りに絶大な効果を発揮してくれます。