お尻の形美容整形に関するあなたの意見やコンプレックスを口コミモールは本当にアンケート調査しています。

美容整形セミナー・口コミモール®

Q.あなたのお尻の形は? あなたのお尻の形は?

「タレ尻だと思う」のグラフ
「四角尻だと思う」のグラフ
「ぺったんこ尻だと思う」のグラフ
「でっちりだと思う」のグラフ
「美尻だと思う」のグラフ
  • 尻の形で一番多かったタレ尻。どうしたらいいのでしょう?

    アンケートの結果、お尻の形で最も多かったのが「タレ尻」でした。
    筋肉が落ちてヒップラインが垂れ下がり、いかにも歳を取ったという雰囲気になってしまいます。

    『たれがちなお尻なので、ヒップラインが目立つパンツが穿けなくなってしまった』
    『触ったときに柔らかくてショック……。おばさんになったなぁと感じます』

    加齢と生活習慣が原因とされるタレ尻。お尻の垂れ下がりを引き締めようと、普段からウォーキングなどの運動を取り入れている方が近年増えてきています。
    しかし結局は3日坊主で終わってしまい、タレ尻が改善しなかったという悩みもちらほら。
    自分でできることだからこそ、意識を変える・保つということは難しく、しかし避けては通れないものです。

  • っこりお腹の原因にも!でっちりだって悩みます。

    でっちり(出っ尻)というのは、立つと腰が反りお尻が突き出る状態の事。
    でっちりの人は壁に背中が付く前にお尻が先につきがちです。

    『下半身にボリュームがあり、太って見られてしまう』
    『お尻が大きくて、もっと小さいお尻が欲しかった。安産型と言われても嬉しくありません』

    でっちりの方は下半身が太りやすく、お腹にもお肉がつきやすい傾向があり、酷い時は腰痛の原因にもなります。
    骨や筋肉に問題が生じたり、脂肪がたっぷりついてしまったりして、お尻がきゅっと引き締まるのを防いでしまう、厄介者といえます。

  • だまだある!お尻の悩みと理想のお尻

    加齢で下がったお尻や、ボリュームがありすぎて大きいでっちりに悩む方は全体の6割以上を占めています。
    ほかにも、でっちりとは逆にボリュームのないぺったんこのお尻や、立体感がなく、まるで男性のような四角尻。
    また、お尻の肌が凸凹しているという回答もいくつかみられました。

    沢山ある悩みの中でも、特にタレ尻は加齢をすれば誰だってなり得るもの。
    自分なりにきゅっとしたお尻を目指そうとしても、なかなかに難しいものです。
    自分で頑張ることも大切ですが、もし3日坊主で続かないというのなら美容クリニックに相談するという手もあります。
    時は金なり、早い決断こそが時には大切かもしれません。