青あざの治療セミナーは、口コミモールの基礎知識を解説しています。あなたが感じているコンプレックスを知識を得ることから解説しお手伝いをします。

美容整形セミナー・口コミモール®

青あざの治療

青あざの治療とは?

青あざの多くは生まれついてできるものですが、成長してある日できるものもあります。
そのような青あざを治療で解決してゆきます。

メラニン色素がどれだけ深いか、どこにできたかで名前が変わりますが、治療でほとんど取ることができます。

青あざは、大きく分けて3種類となり、治療法はレーザー治療となります。
顔や目の周囲に現れる太田母斑は、紫外線を多く浴びることで青から少しず黒ずむことがあります。
思春期以降の女性に発生しやすい、遅発性太田母斑(後天性真皮メラノサイトーシス)は、加齢や妊娠。出産をきっかけにできることもあります。

日本人のほとんどにできる蒙古斑は、いわゆる赤ちゃんにできる『青タン』のこと。
普通は5歳ほどで薄くなりますが稀に消えないこともあり、大人になっても残ることがあります。

治療は複数回に分けて行い、3回から10回ほどに分けます。
レーザー治療となるとダウンタイムが気になるかと思われますが、7日から10日間ほどカサブタができる程度です。

青あざの治療はこんな方におすすめ!


赤ちゃんの頃にできた青タンが消えない
ダウンタイムは気にしたくない
半永久的な効果が欲しい
すぐにメイクができる治療を受けたい
顔にできてしまったから、とにかく消したい