赤あざの治療セミナーは、口コミモールの基礎知識を解説しています。あなたが感じているコンプレックスを知識を得ることから解説しお手伝いをします。

美容整形セミナー・口コミモール®

赤あざの治療

赤あざの治療とは?

赤あざは、主に毛細血管や小静脈が異常をきたすことでできてしまいます。

赤あざには種類が3つあり、ワイン色のあざができる「単純性血管腫」や、りんご病や赤ら顔とも言われる「毛細血管拡張症」。 生まれたばかりの赤ちゃんにできやすい、皮膚が赤くなって盛り上がる「苺状血管腫」となります。

赤あざは出来ても悪化することはなく、命にかかわるものでもありません。
ただし赤あざは基本、放っておいても治りません。

また、特に顔にできやすいと言われているために、見た目の問題解決としての治療をおすすめいたします。

赤あざは主にレーザー治療が行われます。
まずはレーザーを当てる前に冷却ガスに吹き付けて肌を守り、そののちにレーザーを当てるために強い痛みを感じることはありません。

また、レーザー治療にはニキビ跡を目立たなくしたり、ニキビ治療の作用も含まれています。

また、赤ちゃんにレーザー治療を考えている場合は、生後1カ月から受けさせるなど早期の治療が大切です。

赤あざの治療はこんな方におすすめ!


生まれつき赤あざができているという方
産んで間もないお子様が赤あざ持ちという方
顔にでき、赤ら顔に悩んでいるという方
酔っ払っているような印象を持たれがちな方