茶あざの治療セミナーは、口コミモールの基礎知識を解説しています。あなたが感じているコンプレックスを知識を得ることから解説しお手伝いをします。

美容整形セミナー・口コミモール®

茶あざの治療

茶あざの治療とは?

茶あざは扁平母斑(へんぺいぼはん)と呼ばれます。

体に色を作るメラニン色素を生成する細胞・メラノサイトが異常を起こし、メラニン色素を大量に生み出してしまいます。それが結果、茶あざとなってしまいます。

茶あざは思春期に発生することが多いですが、生まれつき出来ていることも珍しくありません。
茶あざ自体が体に悪影響を及ぼす訳ではありませんが、成長をするとあざが大きくなってしまうので、早期に取り除きたいと多くの方が考えられます。

レーザーを使った治療となり、痛みは特にはありません。
ただ、治療を行っても月日が経つと再発することがあります。
この場合は放っておくとまた茶あざが濃くなってしまうため、治療の維持が必要となります。

赤ちゃんの頃はまだしも、大人は茶あざの再発の可能性が高いため、受けるのならなるべく早く受けることをおすすめいたします。

茶あざの治療はこんな方におすすめ!


顔にできたあざが夏場に濃くなるという方
生まれたお子様が茶あざ持ちだったという方
あざができ始めてきたという方
傷跡が残ってしまうのは避けたい方
生まれつきあったあざが大きくなったという方

また、茶あざの治療は大きさや色の濃さによって維持の治療回数が異なってきます。 治療を受ける前に、まずは医師によるカウンセリングが大切になります。