剥削術・皮膚移植法セミナーは、口コミモールの基礎知識を解説しています。あなたが感じているコンプレックスを知識を得ることから解説しお手伝いをします。

美容整形セミナー・口コミモール®

剥削術・皮膚移植法

剥削術・皮膚移植法とは?

刺青(タトゥー)の部分を、電気メスやレーザーを使って丁寧に削り取く施術を剥削術(はくさくじゅつ)と言います。 色素の深さでどれほど削るか決まり、削り終わった直後は火傷痕のようになりますが、日が経つにつれて目立たなくなってゆきます。

また、剥削(はくさく)をしたのちにレーザーを当て、刺青(タトゥー)をより目立たなくするクリニックもあります。

皮膚移植法は、刺青(タトゥー)を除去した部分に健康な皮膚を移植する施術となります。
広範囲に広がる刺青(タトゥー)に適した施術で、確実ながらも短時間で刺青(タトゥー)除去を可能にします。

色が深く皮膚に入り込んでいて、剥削術(はくさくじゅつ)をした場合皮膚を深く削らなくてはいけないとなった場合や、手の甲といった皮膚が薄い場所に刺青(タトゥー)が彫られている場合に適した施術です。

正確な費用等は施術を受ける前にカウンセリングを受けることで、知ることが出来ます。

剥削術・皮膚移植法はこんな方におすすめ!


刺青(タトゥー)が広範囲に彫られているという方
皮膚が薄い箇所に刺青(タトゥー)が彫られているという方
1回で治療を終えたいという方
刺青(タトゥー)が何色も入れられているという方