ほくろはいつの間にか顔にできてしまいがち。ほくろを防ぐためにほくろの予防法と原因について調べました。

美容整形セミナー・口コミモール®

2017年10月06日顔にほくろができる原因とは?ほくろはどう予防したらいい?

ほくろの原因と予防

顔にほくろがいつの間にかできている!どうすればいいの?


顔にいつの間にかできる困ったものと言えば、ニキビやシミやシワ。それとほくろではないでしょうか?気が付くと身体や顔にほくろができていた!という経験をされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。目元にできる泣きほくろや、口元にできるほくろならセクシーで素敵ですが、顔にできるほくろすべてが喜べるものでもありませんよね?ここには出来てほしくなかったというようものもきっとあるはず。

そこで今回は、ほくろが増える原因やほくろの予防法について調べさせていただきました。


ほくろとはいったい何?

そもそもほくろとは一体何でしょうか?ほくろは身体や顔にできる黒い斑点ですが、これは簡単に説明をすると良質な皮膚病変ということになるようです。「皮膚病変」と聞くと怖いイメージがありますが決して怖いものではなく、良質とあるので身体に悪影響を及ぼすものではないようです。ほくろはメラノサイト(肌の色や髪の色などを作るメラニン色素を生成する細胞)やメラニンが皮膚の一部に集中してできるものとされています。


ほくろにも種類はいくつかあり、表皮基底層(皮膚の最も外側にある表皮の中でも最下層部分)にメラニンが集中してできる単純黒子、メラノサイトが何層にも重なることでできる色素性母斑、また年を取ることで浴び続けてきた紫外線がほくろとなる老人性色素斑などがあります。


ほくろができる原因とは?

ほくろとは一体何なのかがわかったところで、今度はほくろが増える原因について調べてみました。


ほくろができる原因その1:紫外線

ほくろができる原因として最も大きいのが紫外線。紫外線を浴び続けるとメラノサイトが活発になって、外部の刺激から肌をバリアーするためにメラニン色素が生成されてゆきます。

生成されたメラニン色素は肌の老廃物と共に上に上がり、やがて肌のターンオーバーで汚れを排除してゆきます。しかしメラニン色素が生成されすぎてしまうと色素沈着を引き起こし、シミやほくろになってしまうようです。


ほくろができる原因その2:ストレス

ストレスが起きてしまうと、肌の老廃物を排出するターンオーバーがうまくいかなくなってしまうのだとか。メラニンの排出が上手に出来なくなってしまうと、メラニン色素が蓄積されていってやがてほくろができやすい原因に繋がってしまうようです。


さらに、ストレスは自律神経を乱れさせて新陳代謝を落としてしまったり、ホルモンバランスの乱れが起きてしまい、メラニン色素がうまく排出できなくなっていってしまうとされています。


ほくろができる原因その3:妊娠や生理前

女性の場合、妊娠をするとホルモンバランスが乱れて身体に様々な影響が及びます。これは妊娠することでプロゲステロン(女性ホルモンの1つで母になるためのホルモンと言われている)が増えるからとされています。プロゲステロンは肌荒れやメラニン分泌を呼び、メラニンの排出がうまくできなくなることでほくろが急増するようになるのだとか。


また、生理前の際もプロゲステロンが多く分泌されるようになることでほくろができやすくなるとされているようです。


ほくろを増やさないための予防法まとめ

ほくろを増やさないためには、予防法をとったりクリニックでほくろを除去する必要性があります。ほくろは歳を重ねると次第に増えてゆくものでもありますから、今のうちの予防法が大切といえそうです。


ほくろの予防法その1:紫外線対策

ほくろの大きな原因は紫外線。顔はほくろができやすい部位とも言われていますが、その原因として顔は紫外線を浴びやすいからなのだとか。そのため紫外線を予防するために日焼け止めクリームの使用や日傘・帽子の日常的な使用が必要となるようです。


また、紫外線は目からも吸収されると言われていますからUVカットのサングラスや眼鏡の使用も併用してみるといいかもしれません。


ほくろの予防法その2:生活習慣を整える

肌の代謝を整えてストレスを溜めないことが、ほくろを防ぐ方法の1つと言えるのだとか。そのためには規則正しい生活を送ることが大切となってきます。「睡眠不足解消」「適度な運動」「バランスの良い食事」「ストレス解消」の4つを整えるだけでも、ほくろ予防になりますし、様々な生活習慣病の予防にもつながります。


ほくろの予防法その3:湯船につかる

毎日の入浴をシャワーで済ませるのではなく、湯船にしっかりと浸かることで身体全体を温めて血行を促進させてゆきます。それにより新陳代謝をあげて肌のターンオーバーを正常に整えることができるとされています。また、湯船にゆっくりと浸かればストレスを和らげるという方法もあります。

ほくろができる原因と予防法について

  • ほくろは身体や顔にできる黒い斑点ですが、これは簡単に説明をすると良質な皮膚病変ということになる。

  • ほくろができる原因として最も大きい原因とされているのが紫外線。

  • ほくろを増やさないためには、予防法をとったりクリニックでほくろを除去する必要性があります。

  • 紫外線を予防するために日焼け止めクリームの使用や日傘・帽子の日常的な使用が必要となるようです。



いかがでしょうか?ほくろの大きな原因は紫外線だということが分かりました。ちなみにシミも紫外線が原因とされていますがシミはメラニン色素が沈着してできたものであるけれど、ほくろは沈着したメラニン色素が集まったものとされているようです。

口コミモール

SNSで最新美容情報を配信中!

口コミモールのTwitterをフォロー

口コミモールのface-bookをフォロー