肌のターンオーバーが乱れるとは一体何か、ターンオーバーが早い・遅いとどうなるのか。口コミモールで解説いたします。

美容整形セミナー・口コミモール®

2017年11月15日肌のターンオーバーの乱れとは一体何?肌のターンオーバーが早い・遅いとどうなる?

肌のターンオーバーの乱れについて

肌のターンオーバーの乱れやその原因について


美肌づくりの際に「ターンオーバー」という言葉がよく出てきます。ターンオーバーというのはお肌の肌細胞の生成から、作られた肌細胞が排出するまでの肌細胞のサイクルを指すようです。ただ、日常生活の過ごし方やスキンケア方法などによっては美肌のために必要なターンオーバーが乱れてしまうようです。


美容セミナー口コミモールでは、ターンオーバーを正常にするために知っておきたいターンオーバーの知識やターンオーバーが乱れてしまう原因について解説いたします。


美肌作りに大切な肌のターンオーバーとは

ターンーオーバーとは「肌の新陳代謝」や「お肌の生まれ変わり」といった言葉で表現されることが多いようです。そもそも、人間の皮膚は表面から肌の奥にかけて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っており、このうちターンオーバーというのは表皮で行われる新陳代謝を指すのだとか。


表皮もまた分けると表面側から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層に細かく分けることができるようです。

お肌の一番奥にある基底層から生まれた細胞が、やがて有棘層・顆粒層と行くたびに細胞の形が少しずつ変わってゆき、そして角質層に到達して最後は角質となり、やがて垢として剥がれ落ちてゆくというこの一定のサイクルがターンオーバーというようです。


このターンオーバーによって表皮は常に生まれ変わっている状態となり、正常なターンオーバの肌である方ならば、美肌を保つことができるとされています。

お肌の細胞が基底層にて生成され、剥がれ落ちるまでの周期にかかる日数はおおよそ28日間とされていて、この周期を守れている方はすなわちお肌が美しい方ということになります。しかし、何かしらの問題が起きてしまうとこのターンオーバーは乱れてしまい、ターンオーバーの周期が早まったり遅くなったりしてしまうようです。


ターンオーバーが乱れることで起きる肌トラブル

ターンオーバーが乱れてしまうと、お肌を守るバリア機能が低下してしまい、それによってお肌がゴワゴワをしてしまったり敏感肌や乾燥肌になってしまうようです。

ターンオーバーの乱れ方には、ターンオーバーが早い人やターンオーバーが遅い人の2パターンがあります。ターンオーバーは歳を重ねるごとに適正期間が変わってくるとされているようですが、この周期範囲から外れてしまうと、お肌の調子がくるってしまうようです。では、ターンオーバーが早いとターンオーバーが遅い人の症状と原因について解説いたします。


ターンオーバーが早い人の症状と原因

ターンオーバーが早くなっていると、基底層で作られる細胞が未完全なまま角質層にまで押し上げられてしまうのだとか。

これによってセラミド(保湿成分を持っている成分の事)や角質細胞も未熟になってしまい、結果バリア機能が低下した状態で紫外線や外部からの刺激を受けやすい為にシミやニキビといったお肌トラブルを招いてしまう上、シワやたるみに繋がってしまうお肌の乾燥も引き起こしてしまうようです。


ターンオーバーが早くなることで乱れてしまう原因として、洗顔のし過ぎやゴシゴシと力を入れた洗顔方法、紫外線や睡眠不足、スキンケア用品などに問題があるようです。


洗顔のしすぎの場合、例えば洗顔料を洗顔のたびに使用したりすると皮脂を必要以上に奪ってしまい、これによって奪われた皮脂を補おうとするために新しい細胞を生み出そうとして、ターンオーバーを早めてしまうようです。


加えて顔をゴシゴシを洗って刺激してしまうと、バリア機能を低下させてしまいがちになるようです。これもまたバリア機能の低下によってバリア機能を復活させようと、ターンオーバーを早めてしまうのだとか。


紫外線を浴びてしまうと紫外線によるダメージからお肌を復活させようとターンオーバーの周期を早めてしまったり、睡眠不足となるとお肌の再生時間が足りず、ダメージを受けたお肌が修復されるまえに再生が止まってしまい、これが結果的にターンオーバーを早める原因に繋がってしまうのだとか。


また、加えて洗浄力の高いスキンケア用品などを使い続けてしまうと、お肌にどんどん刺激を与えてしまい、これもまた顔の皮脂を取りすぎてしまってターンオーバーを早めてしまうようです。


ターンオーバーが遅い人の症状と原因

ターンオーバーが遅い人の場合、不要な角質が積み重なって言ってしまうようです。見た目そのものはターンオーバーが早い肌と変わらないようですが、こちらも肌トラブルが起きてしまうのだとか。

ターンオーバーが遅いと起きる症状には、まず、お肌がゴワゴワしたりお肌がザラついてしまうという肌トラブルがあるようです。加えて、古い角質によって毛穴が塞がれることでニキビに繋がってしまったり、不要な角質が積み重なっていくことでお肌の透明感が失われてしまうようです。


ターンオーバーが遅くなることで乱れてしまう原因として、ストレスや食生活の乱れ、洗顔をしない、油性の化粧品を使用しているといった場合が考えられるようです。


ストレスの場合、まずストレスを抱え込んでしまうと、これによって血行不良が起きてしまって新陳代謝に悪影響を及ぼしてしまうようです。ターンオーバーとはお肌の新陳代謝ですから、これによってお肌のターンオーバーが遅くなってしまうのだとか。


洗顔をしていない場合、お肌を清潔に保つことができていない状態となり、結果古い角質を肌に残してしまって、どんどん角質が溜まってしまうようです。洗顔は最低でも1日に1回は行い、清潔に保つ必要性があるのだとか。


またほかにも、油性の化粧品を使用していると、油分で古い角質をくっつけてしまう場合が考えられるようですから、ここも注意が必要かもしれません。

肌のターンオーバーとは?ターンオーバーが乱れるとはどういう事?

  • ターンオーバーというのはお肌の肌細胞の生成から、作られた肌細胞が排出するまでの肌細胞のサイクル。

  • ターンオーバーの乱れ方には、ターンオーバーが早い人やターンオーバーが遅い人の2パターンがあります。

  • ターンオーバーが早くなっていると、基底層で作られる細胞が未完全なまま角質層にまで押し上げられてしまう。

  • ターンオーバーが遅い人の場合、不要な角質が積み重なって言ってしまうようです。



いかがでしょうか?ターンオーバーが早くても遅くてもどちらの場合でもお肌に負担をかけてしまい、美肌から遠のいてしまうようです。お肌が荒れがちという問題は、お肌のターンオーバーが乱れている可能性もあります。

口コミモール

SNSで最新美容情報を配信中!

口コミモールのTwitterをフォロー

口コミモールのface-bookをフォロー